防犯の取り組み

監視カメラにはどのようなものがあるのか

camera

監視カメラにはさまざまなものがあります。屋外用や屋内用があります。画像の細かさ、解像度の違いがあります。レンズの広角やそうでないものがあります。監視する方向を遠隔操作できるものやできないもの。夜間の暗視カメラやそうでないものなど。有線のものやそうでないもの。ネットワーク接続可能なものやそうでないものなどです。監視カメラの当初は今のような半導体撮像素子ではなく撮像管であったといえます。監視カメラは撮像素子が半導体撮像素子にかわり、監視カメラの内部処理回路のディジタル化や回路の半導体チップ化も進んできています。さらにはネットワーク対応のものが増えてきています。そして世界中で大きな空港や鉄道などの大規模監視カメラシステムが登場してきています。またカメラの小型化や低価格化が進み、一般家庭で監視カメラを使用するところもあらわれているのです。監視カメラは身近なものとなってきているのです。加えてドアを修理することも防犯の要です。また、鍵開けのプロも存在します。

その扱い方での注意すること

近年、監視カメラは世界的にも設置台数が増えてきています。監視カメラ単体は国際的な安全規格であるIECやULのような安全規格に適合したものが販売されているのが一般的です。そしてそれら規格に適合していることを示すさまざまな認証記号が機器本体に表示されています。従って機器を購入する場合には最低限これらの認証記号が表示されていることを確認する必要があるといえます。しかしこれら認証記号はあくまで機器単体についてのものなのです。機器を設置した状態での安全上の問題はどうなのかという観点での配慮はいまのところ機器の開発製造メーカーや設置会社にゆだねられていることになるのです。従って特に屋外設置などの場合には設置工事は企業理念などが公になっているような開発製造の企業や設置工事企業に依頼することも考慮しておくことは大事なこととなります。

カメラを設置する目的

camera

防犯カメラがあれば泥棒はあるだけで退散します。そのため犯罪の抑止力になってくれるのです。それだけではなく空き巣が入らないためにそして入られた時の対策のために必要です。

Read More...