高い効果が得られる

撮ることよりもあることが重要

camera

防犯対策の上で高い効果を発揮するのが防犯カメラです。しかし手軽に付けれるものでもなく、防犯カメラを付けたからと言って犯罪が全く起こらない訳でもありません。防犯カメラの設置には少なくとも数十万円はかかります。高いお金をかけても効果がなければ意味がありません。防犯カメラは犯罪の瞬間を撮影するというよりは、防犯カメラがあることによって犯罪の抑止力があるという防犯カメラ捉え方をしたほうがいいです。ですので、ダミーを使っても効果がある場合があります。ダミーのものならば本物の10分の1程度の価格で購入、設置できるので手軽な防犯対策としてはおすすめです。しかしあくまでダミーですのでばれてしまっては意味がありません。

設置場所で効果は変わる

先ほどもお話ししたとおり、防犯カメラは見せることが重要になってきます。ですのであえて目立つように設置するのがポイントです。撮影が目的ならば隠れるように設置するべきでしょうが、これは本来の防犯カメラの用途とは少し違う側面があります。設置の際に気を付けたいのは死角ができないようにする事です。防犯カメラを設置しても死角があればあまり効果は期待できません。固定式のカメラの場合は少しのことでカメラの位置が変わりますので定期的にカメラの位置を確認して、死角ができないようにしましょう。また、玄関付近に大きな柱などがある場合は死角ができやすいので、1台ではカバーしきれない場合があります。その場合は本物1台ダミー1台などでも十分効果はあります。